プロフィール

川手直美 プロフィール

家族

夫 私と正反対の性格。趣味 バイク
長女 歌うことが大好き
長男 絵を描くことが大好き

好きな食べ物

から揚げ・父が作った柚子胡椒

好きな本

灰谷健次郎「太陽の子」「天の瞳」
東野圭吾「白夜行」「幻夜」
矢沢あい「天使なんかじゃない」(漫画)
槇村さとる「Real Clothes」(漫画)

好きな芸能人

明石家さんま・松本人志・平井堅・槇原敬之・美空ひばり

性格

惚れっぽい・泣き虫・おせっかい・熱い

子どもたちを留学させること・生涯現役

 

略歴

1977年 大分県日田市で生まれる

周りに田畑と山しかない、卵も野菜も果物もほとんど家で採れるような田舎で育つ。
回覧板を回す時も自転車か原付バイクで行かなくてはならないくらい、隣家が遠い。

1984年~1990年 小学生時代

同級生10人、全校生徒60人弱ののどかな小学校で勉強する。
小学校3年生の時の担任の先生に憧れて小学校の先生になることを決める。

1990年~1993年 中学生時代

今でも年に2回同窓会をするくらい仲の良い同窓生に恵まれて勉強する。
バレー部に所属するが運動が苦手なため、レギュラーにはなれなかったが、雰囲気だけで副キャプテンを務める。

1993年~1996年 高校生時代

生徒会長として過ごしたことが一番の思い出。
後輩たちに恵まれていまだに生徒会仲間と集まる。

1996年~2000年 大学生時代

小学校の先生になる夢を叶えるために大学に進む。
塾の講師のアルバイトがその後の生き方を大きく変えることとなる。

2000年~2015年 とも塾(小中学生対象の学習塾)開塾

大学生時代に、小学校の先生よりも幅広く、より深く子供たちと関われるのではないかと考え、大学卒業後に学習塾を開く。
家庭でもない、学校でもない第三の場所を子供たちに持ってほしいと思い学習面だけではないところで深く関わってきた。
「勉強好きな子供に育てるために」「宿題をやってこない生徒にハグを」「予知能力と変わり身の術で思いやりのある子に」などの自論を持つ。

2008年~2010年 広島きもの学院入社

亡義母からきものを譲り受けたことがきっかけで着付けを習う。
正しいきものの知識と楽しみ方を広めたいと思い、そのまま講師となる。

2010年~2015年 川手きもの教室開業

きものの販売から離れて、着付けについて広めることに専念したいと考え、広島きもの学院を退社し、お客様のご自宅へ訪問する形の着物教室を開業。

2015年 広告代理店入社

広告代理店の営業の仕事に魅力を感じ、入社。さまざまな業種の方々と出会い、商品や会社を通して想いを伝える大切さを教わる。

2015年現職

運命の出会いをして、すべての仕事を辞めて現職に就く。