先生

「先生と呼ばれることに抵抗があって、、、」

というお話を何人かの方からお聴きしました。

私は前職で、塾の先生、着付けの先生をしていたので、その頃はいつも「先生」と呼ばれる毎日を過ごしていたこともありました😊

抵抗があって、、、とおっしゃる方に
「なぜ抵抗があるの?」
と尋ねると、【先生】という言葉にプレッシャーを感じる方がほとんど。
そして、【先生】と【生徒】になるとなんだか距離が生まれてしまう、そうお感じになっている方が多いようです。

毎日のように「先生」と呼ばれる仕事をしていた私は、
「先生という仕事は教えること。」
が一番の仕事とは考えていません。

先生という仕事で一番大切な仕事は
「気づいてもらうこと。」
具体的には、
「ここがわからない!」とか
「ここをもっと知りたい!」とか
「ここはわかる!」とかに
気づいていただくことが、私は「先生」として一番大切な仕事だと考えております。

気づくことができると、前に進み始めたり、一度立ち止まってみたり、違う角度から眺めてみたり、そんな変化のきっかけになると思うからです。

現職でもセミナーや、講演会で、「先生」と呼んでいただく機会があります。
「先生」としてお仕事をさせていただく時は、出逢った方々にひとつでも多くの気づきをもって帰っていただきたいという想いで、その場に立たせていただいてます。

また、「先生」と呼ばれない日頃のお仕事でも、出逢いの中でも、お互いにたくさんの気づきがある時間を過ごせたらいいな、と想いながら、お話をしています。

そう考えると、出逢う方はみんな「先生」で、自分自身も自分の「先生」ですね😊

元教え子とのツーショット
(写真は塾の最初の教え子ひとり、吉野瞬君です)

今週も、たくさんの「先生」に出逢い、たくさんの気づきをいただける毎日を過ごしたいです。

また感謝しかありません😊

出逢ってくださり、ありがとうございます。
これから出逢ってくださる方、ありがとうございます😊

28項目

3回にわたって「変人コミュニティ交流会」第一回目のゲストスピーカーとしてお話をさせていただきました。

ここにおける“変人”とは、「いつの世も時代を変えていくのは変人である」を合言葉に前例がないことをやっている人、やろうとしている人。新たな常識を創造していく人。時代の変化に対応していける人を指します。

変人会

最終回の変人会では、私が仕事や生活を通してどんなことを実践したり、考えたりしているかをお話させていただきました。

その項目が28項目。
いくつかご紹介すると・・・

  • 変わり身の術
  • 10分先の予知能力
  • 1伝えたいことがあれば、10の準備。伝えることをさせていただいたら、100の感謝。
  • 無い物ねだりをしない。
  • 明日何があっても後悔最小限の生き方を。
  • 川手にとっての大成功。
  • 鏡の自分に話しかける。
  • 褒め言葉に謙遜しない。
  • 根拠のある喧嘩。誕生日に遺言作成
  • 「つづく」
  • 生年月日よりたいせつにしていること。

などをお話させていただきました。

会では、参加者の皆様に聞いてみたい項目を挙げてもらい、その項目についてお答えするという形式で進めました。その他、これらの項目以外にもました

「高いモチベーションで仕事ができるのはどうしてですか?」
「嫌いな人はいますか?」
「自分のできないことをやっている川手さんが最初は嫌いでした。今は大好きですけど❤️」

などなどたくさんのご質問もいただきました。

本日、改めて皆様に書いていただいたご感想を読ませてもらいました。
ご感想の中で最も多かったのは、「私にとっての大成功」についてのお話でした。

出逢ってくださっているだけで大成功。

その言葉の中にある想いと、ある社長さんのエピソードから教わったものを、皆さんが心に持ち帰ってくださったと思っております。

ブログに想いを込めながら、書いている今日は、8月6日です。そして、私は広島に住んでいます。
あたりまえを当たり前と思わず、今日もありがたいありがたいと全てに感謝して、今週もたくさんの方に出逢いに行こうと思います。

親ばか

個展DM

【親子のコミュニケーションから生まれた絵画展】

個展DM

8月1日の搬入に向けて、準備を進めています。
息子の絵画展。

3年前くらいから、できたらいいなと思って、出逢う方出逢う方に伝えてきました。

強く想い、たくさんの方々に伝えていたら、叶う。
と実感し、感謝しながら準備を進める毎日です。

これは絵画展で展示する息子の紹介文です。


川手陸(11歳)

今回の絵画展の作品は7歳〜9歳の間の作品。
3歳の時に描いたお父さんとお母さんの絵が衝撃的で、ぬりえも独特な色使いをしていた。

小学生になり、夏休みに描いた最初の絵が、展示してある、青いティラノサウルス。赤い空、赤い木、シマシマの道をみて、「面白い!」と思い、様々な絵に挑戦。

絵を描きながら過ごす親子の時間は、かけがえのない時間となる。

今回の絵画展は、一枚一枚の絵が描きあがるまでのエピソードと、独特の色使いを原画で観て欲しいという想いを込めて、開催となった。


きっかけは、小学生最初の夏休み。ちょうど4年前。

独特の色使いが面白くて、かわいくて、家の中はあっという間に、陸の絵で溢れ返りました。

我が家は4年前から【親ばかギャラリー】となり、リビングや廊下は陸の絵で埋め尽くされています。
今回、絵画展の準備をしながら、当時の時間を思い出し、【親ばか】を満喫させていただいております。

15年間塾の先生として、たくさんの子どもたちに関わらせていただき思うことは、「親ばか最高!」です。

我が子を褒めちぎる!我が子を自慢しつくす!

そんな時間を、これからつくれたらいいなと思っています。

8月3日からいよいよ【親子のコミュニケーションから生まれた絵画展】開催です。

どうか1人でも多くの方に【親ばか】に触れてもらえますように。

メリハリ

宮島 五重塔
朝一番に、宮島に行き、

創造の源フラワーオブライフ
ギャラリーに行って素敵な作品に触れ

名刺香
呉服屋さんで名刺香に出会い、

個展DM
午後は息子の個展の準備。

夜はお友達のダンスを観に行く。

私の中では久しぶりにとってものんびりした時間をいただいた1日でした。

のんびりした時間をいただいただけでなく、明日からまた頑張る‼️という力までいただいた感じ。

イメージは

ずーっと猛ダッシュしていた体と頭を少し休めて、

改めてスタートラインに立ちなおして、

また、びゅーん!って走り始める感じです。

改めて、メリハリのある生活の大切さを教えていただいた一日。

メリハリのある生活をすることは、パワーアップできることを今更ながら実感。

『休みを取る』という苦手なことが、これから、『質の良い休みを取る』という得意なことになりそうです。

メリハリのある生活の大切さを教えていただいた川手はまたまたエネルギーチャージしちゃったので、今週出逢いに行く方、出逢う方、どうぞよろしくお願いいたします😊

惚れる

ホームページのプロフィールに、私は「惚れっぽい」と書いてあります。

プロフィールはこちら☆

これまでにもお会いした方にこんな風に言われたことがあります。

「川手さんは、相手を好きになる力がすごい!」

すごいかどうかはわかりませんが、確かに出逢った方を、凄いスピードで好きになれるのはもう得意技と言っても過言ではないかもしれません。そして、それは人のだけに限らず、物や出来事に対しても。

出逢い

人や物や出来事を凄いスピードで大好きになる、その根底にあるものは、、、と考えてみました。

それは、「感謝」です。

同じ時代に生まれてきてくださって、
出逢ってくださって、
お話できる関係になってくださっているだけで、もうそれは感謝しかありません。

物や出来事だって同じです。

相手に、「こうあって欲しい」「こう返して欲しい」「この話を聞いて欲しい」

と期待をしちゃうと、そうでなかったときにがっかりしたり、イライラしたり。

だけど、その気持ちにもかならず意味がある、と考えると、感謝しかなくなります。

そう言いながらも、私もイライラすることたくさんありますが笑

だけど、その感情にも必ず意味はある、と考えて受け入れるようにしています。

あらゆることに感謝し始めたら、もうタイヘン!

大好きな人や物や出来事で、人生溢れちゃうから!

今週も初めてお会いする方も、再会する方もたくさんいらっしゃいます。

大好き!と包み隠さず伝えて過ごすこと間違いなしです✨

夏到来で、猛暑日もあるでしょうが、容赦なく熱く厚くいきますので、よろしくお願いいたします♡