BLOG

オワリはじまり

私の音声ブログは ▷ を押してお聞きください
(マナーモードは解除してくださいね♪)

(ブログ本文)
私の好きな歌に『かりゆし58』
のみなさんが歌う ”オワリはじまり”
と言う歌があります。

先週、ブログで
鎧を脱ぐって言う話を
させていただきました。
鎧を脱ぐと決めてから、
毎日のように車の中で聴いている歌です。

曲の歌い出しはこんな感じです。

♪もうすぐ今日が終わる
やり残した事はないかい
親友と語り合ったかい
燃えるような恋をしたかい
一生忘れないような
出来事に出会えたかい
かけがえのない時間を胸に
刻み込んだかい♪

J-Lyric.net より引用

あー恥ずかし!
こんな曲です。

もう、この時点で、
結構ジーンとしながら聞いています。
朝も夜も聞いています。

鎧を脱ぐことを決意して1週間。

いろいろと葛藤、気付きがありました。

まずは、鎧を脱ぐことに勇気が必要でした。
これはある程度想定内だったんですけどね。

でも、鎧を脱いだ自分の姿の
醜くさに目を疑い、
それを簡単には
受け入れることができませんでした。

決意に基づいて、
これまでとは違う言動をとる。
すると、そこに関わる人が、
これまでと違う言動に
戸惑うこともあります。

例えば、
「これまでと同じように
ではいけないの?」
と聞かれることもありました。
誰にとっても変化や
これまでと違うということは
受け入れがたいはずです。

最初、私は鎧を脱ぐ決意をしたのだから、
それに基づき、やり抜きたい!
という気持ちでいました。
しかし、ふと、俯瞰していた私の
気付きが下りてきました。

”「これまでと同じようにして!」
と頼まれること” を
欲している自分がいて、
その自分が、現実に目の前の人に
その頼みをさせているんじゃないかなって。

目の前の人にその言動をとらせることを
欲している自分がいるんじゃないかな
と思ったんです。
そして、そんなことをさせてしまって
申し訳ない気持ちになり、それと同時に、
これらのことを気付かせてくれた
機会をもらえて
感謝の気持ちも湧いてきました。

私はこれまでは、”こうあるべき”
という名前の鎧を身にまとい、
優等生的な立ち振る舞いを
していたことにも気が付きました。
こうあるべきだと思っていて、
それが正しいと信じて、
ずっとそうしてきた自分に
気が付きました。
これが私なんだと信じて疑わず。
だから、そこに鎧があることに
気付いていませんでした。

自分でもびっくりするぐらい
鎧の下にはドロドロとした感情が
溜まっていたことに気が付いた、
そんな1週間でもありました。

鎧を脱いでいく途中過程を
私は友人や子どもたちにも
伝えていています。
友人や子どもたちは
私のことを本当に
想像以上に応援してくれて
毎日泣いて過ごす1週間でした。

まだまだ生まれたての裸ん坊の
完全体の私には、
成れていないんですが
時間をかけて、命をかけて、
本当の自分の幸せって何かなって
向き合っていきたいなと思っています。

以前のブログで、時間は命だよ
ということを教えていただいた
話をしました。
先月も、別の方に同じようなことを
教えていただきました。
本当にその通りだと思います。

そして、いつ終わりが来るかわからない
この命を、時間を、冒頭の歌のように、
本当に後悔のないように、
一生忘れないような出来事に
毎日出会うつもりで、
過ごしていきたいと思います。

先週に引き続き、
自分のことばっかりですね、
申し訳ないです。

今週も、楽しく生きるために仕事をします。

愛をもって、愛を込めて、
かかわる人すべてに
生命と生き方と
向き合う時間を提供します。

今日も最後までお読みくださり本当にありがとうございました。

関連記事

コメント

    • usami.tsukasa
    • 2018年 12月 24日

    平成の師走も残り僅か、新しい年号で、新しい事業を発展させて下さいませ。しかし全て健康第一を忘れ無いで、頑張って下さい。多くのクライアントや、家族の為に明るい笑顔が絶えない直美さんで続けて下さい。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP