終活セミナーに参加して

私の音声ブログは ▷ を押してお聞きください
(マナーモードは解除してくださいね♪)

(ブログ本文)
昨日、8/12に、家族葬を中心に葬儀をされている、株式会社オフィスさくら 主催の『輝く女性のための終活セミナー』に参加させてもらいました。

葬儀社さんの主催なので、
終活セミナーは
「終」わる「活」動の方の
終活セミナーです。
実は、オフィスさくらさん、
昨年、生きたまま棺の中に入ってみる、
「納棺体験」がテレビ取材されていて、
このセミナーが前々から
気になっていたんです。

実際に受講してみて、『終活』とは、
死ぬときのことを考える活動というよりは、
「自分が死んだ後のことまで
ちゃんと整理整頓をして、
今、生きるということが
どういうことなのか」
ということを考える活動なんだ
ということがとても印象的でした。

セミナーの資料の中に、
「女性の一生」という、
グラフがありました。
女性の一生を通して、
子育てや親の介護との関わりが
図示してあるものです。
これを見ると、
女性って自分のことだけをして
生きられる時間が本当に少ないんだ!
ということを文字通り痛感させられました。
講師の西村有う子さんは、
「やりたいなって思うことがあったら、
子育てが終わったらとか、
この介護が終わったらじゃなくて、
やりたいなと思った時に、
今、始めておかないと
何もできないんですよ!」
とおっしゃっていました。
また、「男性女性に限らず、
『今』が一番若いんです!」
ともおっしゃっていました。
本当にその通りですよね。
私も、やりたい事をすぐに始められる
自分でありたいなと改めて思いました。

また、西村さんは、
あるお客様の終活の例を
紹介してくださいました。
60代、独身(夫・子どもなし)の女性が、
ガンを患い、余命を宣告されたそうです。
それをきっかけに、
オフィスサクラに来られた時のお話でした。
西村さんは、
この方の葬儀のことはもちろん、
財産や身の回りの物の整理、
自分で判断が危うくなった時の準備なども
アドバイスをされたそうです。
その結果、この方は身辺整理も終わり、
とてもすっきりした状態で、
ご自身の希望通りの式を
執り行うことができたとの事でした。

私は、とても素敵だ、
お手本になるようなお話だなと思いました。
まぁ、お手本として
お話してくれたんですけどね。

この方は余命を宣告されたことを
きっかけに、終活をされました。
私は、やっぱり、
明日何が起こるかわからない
と常日頃思っています。
だからこそ、私は自分のお誕生日に
遺言状を毎年書き直しています。
遺言状と言っても、内容は、
家のどこに何があるとか、
誰に連絡してほしい
ということを中心に書いたものです。
西村さんには、この遺言状見直しを
続けることを勧めていただきました。
その後押しを受けて、
これからも誕生日に遺言状を書き直す
ということを続けていきたいなと思います。

そして、今回、
お手本となる終活のお話を聞いた時、
私は、もし、この1年で
私の身に何かあった時には、
この写真を遺影に使ってほしいな
とも思いました。

それも、元気なうちだから
できる事ですもんね。

今回参加させていただいた終活セミナーは、
思っていた以上に勉強になる事が
たくさんありました。
やっぱり、明日何があるかわかりません。
そのうちではなく、今すぐにでも
身の回りの整理も始めたいと思いました。
こういう風に、具体的に考えておく
というのは、自分のためだけでなく、
特に女性であれば、
残された家族のためにも
必要なことだなとすごく思いました。

今回受けたセミナーですが、
毎月12日に開催されています。
無料です。
これはお勧めできるセミナーだなと
久し振りに思いました。
女性のためのという
タイトルになっていますが、
男性も受講できるそうです。

今週も、楽しく生きるために仕事をします。

愛をもって、愛を込めて、
かかわる人すべてに
生命と生き方と
向き合う時間を提供します。

今日も最後までお読みくださり本当にありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA