BLOG

絵画展がきっかけをくれた出逢い

私の音声ブログは ▷ を押してお聞きください
(マナーモードは解除してくださいね♪)

(ブログ本文)
広島市中区袋町にある、「ブックカフェ エスプレッシーボ 2ndシーズン」 さんにて、
私の息子の絵画展
7/12から開催させていただいております。

この絵画展では、息子の絵を元にした、
絵はがきも販売させていただいております。
そして、その売上げを
西日本豪雨災害の義援金として
役立てていただく予定です。
このたび、エスプレッシーボさんのご厚意もあり、会期を延長して、7/31までさせていただけることになりました。

先週、私は2日ほど行ったと思います。
息子の個展をしていることもあり、
お茶をする場所としても、街中ですし、
ありがたく使わせていただいております。
特に先週は、何度か足を運ぶことで、
思ってもいなかった出逢いがあったり、
息子の絵を通して顔見知りになって
お話をするようになった人も
いらっしゃいました。

例えば、私が時々お世話になっている、
カバン屋さんで働いているEさんは、
将来マンガ家を目指して
マンガを描かれています。
エスプレッシーボさんのInstagram
出ていたうちの息子の絵が気になって
ご来店していたところで、
私と出くわしました。

また、私がお話をするお約束をしていた、
Sさんとエスプレッシーボさんで
待ち合わせたところ、
Sさんがエスプレッシーボのオーナーさんと
むかし、同じ職場で
働いていたことが発覚したり!!
ちょっと不思議なご縁を
感じる時間でした。

この絵画展は、
『親子のコミュニケーションから生まれた絵画展』というタイトルです。
先週は、『親子のコミュニケーションから生まれた絵画展』から生まれたコミュニケーションがたくさんあったなと思います(笑)

そのきっかけを作ってくれた息子にも
感謝の気持ちを込めて、
こんな話をしました。

「あなたの絵を見に来て下さる方が
たくさんいて、たくさん絵はがきを
買ってくださってるよ。
それは全部、被災地の
義援金に充てるからね。
義援金っていうのは被災地の方に
直接送られるお金のことだよ。
そこで少しでもあなたの絵が
役に立ってくれるといいよね。」って。
小学校6年生の息子は、
「うん」
とだけ答えてくれましたが、
照れくさそうに喜んでいるな
って思いました。
まだ、小学生の息子に、
こんな想いをさせてもらえる事も、
本当に、ありがたいことだな
と思いました。

私も、この絵画展があったから
出逢えた方がいました。
絵画展がなければ、
再会もできなかっただろうな
と思う方とも再会ができました。
そう思うと、ご縁をつないでくれて、
改めてありがたいなと思っています。

少し唐突かもしれませんが、
普段から、私は、
子どもを、うちの子に限らず、
どこの子どもさんも神様だな
と思って接しています。

なぜって、子どもは、
私が絶対に思いつきもしないようなことを
言ったり、行動をとったりします。
それが本当に美しいものだったり、
素晴らしいものだったりします。
そんな時、私は本当に
子どもってすごいなって
感動しちゃうんです。
こんな事は神様でなければ、
できないんじゃないかなって
思うんですよね。
きっと、それは学校でも
そうなんだろうなと思っています。

だから、先日もあった、三者懇談でも、
私は子どものことに関して
褒められても全く、謙遜しませんでした。
息子の担任の先生は、
「彼には生きる力があります!」
とおっしゃっていました。
私は、
「そうですか!ありがとうございます」
って素直に受け取ることができました。

娘に関しては、先生から
「お母さん、最初に
お伝えしたいんですけれども、
娘さんは人格者です。」
と言われました。
私は
「ですよね!
私は神様だと思って育てています!」
って言ったように思います。

そんな神様である子どもたちが、
目の前で光らせてくれるもの、
例えば、今回であれば、
息子の絵などを通じて、
みんながまたつながっていくっていうのが、
改めてすごいなって思うんです。
本当にありがたいことだなって
思っています。

この絵画展、7/31まで、
あと2日会期が残っております。
私は2日とも午後、
エスプレッシーボさんに
お邪魔をする予定でいます。
残り僅かな会期ですが、
たくさんの方に、息子の絵を見ていただき、
そして、そこで
新たなコミュニケーションを通わす、
新たな出逢いの場になるといいな
と思っています。

エスプレッシーボさんで
お会いできることを
楽しみにしております♥

今週も、楽しく生きるために仕事をします。

愛をもって、愛を込めて、
かかわる人すべてに
生命と生き方と
向き合う時間を提供します。

今日も最後までお読みくださり本当にありがとうございました。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP