BLOG

キラリ輝くしごとびと

私の音声ブログは ▷ を押してお聞きください
(マナーモードは解除してくださいね♪)

(ブログ本文)
7/21に安佐南区の
コミュニティカフェ すいっち さんにて、
『キラリ輝くしごとびと 〜笑顔ではたらくプロフェッショナルに聞く〜 第3回:いのちと向き合うしごとびと』
と言うイベントに、
インタビュアーとして参加してきました。

キラリ輝く仕事人は、隔月で、
仕事を楽しんでいる方をお招きして、
お話をうかがうイベントです。
3回目となる今回は、
いのちと向き合うしごとびとの
皆様をお呼びして、
お話をさせてもらいました。
助産師さん 2名、介護福祉士さん 2名、
ニューボーンフォトグラファー(生後3週間までの赤ちゃん専門のカメラマン)さん 1名の計5名の方々のお話をうかがいました。


上段左から 助産師 山本満美子さん、あおやま助産院 青山知子さん、ニューボーンフォトグラファー Babyco 田中未来さん、インタビュアー 川手直美
下段左から 介護福祉士 御田寺桃世さん、介護福祉士 大内重美さん、すいっち 髙田敬子さん

もともと、私は、
ゲストの5名を知っているんですが、
今回、こういう形でお話をうかがったことで、
新しい発見、聞いた事のなかったお話が
次々に出てきて、ご参加下さった方々も
いろんな意見を下さり、現在ある、
さまざまな問題について向き合う
とても良い機会を与えてくれた会になったなと思っています。

例えば、助産師さんのお話からは、
クリニックで働いてる方にとっては、
お産でお母さんと関わりを持てるのは
入院中の5日間のみで、
さようならなのだそうです。
言われてみればそうかもしれないな
と思いました。
だから、何かあって、
クリニックに来られるまでは、
顔を合わせることもほどんどなく、
もどかしい思いをするのだ
とうかがった時に、
確かに、そうだよなと思った。
お母さんはお産のあと、家に帰ってから、
初めてお母さんとしてスタートするんだ
ということをお話して下さいました。
いまは、情報があり過ぎて、
選択するのが難しいほどなのに、
昔は自然に出来ていた、
周りの先輩お母さんから
教えてもらうことが
難しくなってきていているんだな
っていうのを改めて感じました。

お母さんとしての認識について、
いまのお母さんは、
「夫とふたりでこれまでのように
働きながら育てていきます」
のようなことを考えていらっしゃる方が
多いとおっしゃっていました。
だけど、子どもを授かる、育てる
ということは、
そんなに簡単なものじゃない!
生命の重みをなんだか軽くとらえている方が
増えていると、20年前と比較して
感じるとおっしゃっていました。

介護福祉士さんのお話で印象的だったのは、
デイサービスで、朝、お迎えする時に、
どういう状態でご家族に送り出されたのか
ということが表情を見たら
わかるというものでした。
「行ってらっしゃい!」と笑顔で
送り出されたのか、
「はよ、行きんさいや!」と
送り出されたのかが、
表情で分かるんだというのは、
ある意味ちょっと衝撃的でした。

私はまだ、デイサービスに
自分の家族を送り出すという経験は
ないんですけれども、
学校に通わせている子どもたちにも
同じことが言える事なんじゃないかな
と思いました。
だから「行ってらっしゃい!」、
「行ってきます!」
というやり取りを
笑顔ですることを、
改めて大事にしたいなと思いました。

訪問介護では
どのような辛いことがありますか?
と質問を投げかけると、
「今の季節だと、自転車による移動が
暑い事かな、あとは楽しい事ばかりです」
とおっしゃいました。
私はこの方に初めて出会った時に、
介護のお仕事って
そんなにつらい事じゃないんだな
っていうことを教えていただいた
と思っています。
ご自身が汗をびっしょりかいていることを
忘れるくらい、
楽しく夢中で介護のお仕事をされている
というのがとても印象的でした。

どのお仕事のお話も、やっぱり、
経験をしている人だからわかること
ってたくさんあるんだなって思いました。

ニューボーンフォトグラファーになる
きっかけをうかがってみました。
ご自分が出産されたとき、
産後2か月ほど立ち上がれないほど
だったそうです。
出産前からウェディングを
中心としたカメラマンでありながら、
自分の子どもの写真を
撮ることができなかった。
生まれたての、本当に
いのちの輝きそのものである、写真を
自分は残せなかったから、
色んな赤ちゃんのいのちの輝きそのものを
撮っていきたいと、
言葉を紡ぐように、なんだか祈るように
おっしゃっている姿がとても印象的でした。

私自身もそんな風に
撮ってほしかったなって思いましたし、
私の子どもたちも
撮ってほしかったかったなって
本当に思いましたね。
これから生まれてくる新しい命も
たくさん撮っていただきたいなと
私も祈るような気持ちになりました。

今回も参加者のみなさんも
色んなご意見をくださいました。
今回は、出産、介護に関わるお話を通じて、
今の世の中どんなことが
課題になっているのか、
問題になっているのかということに
話が発展しました。
その背景には、
今回の豪雨災害もあるのかもしれません。
改めて、人とのつながりを
もっともっと大事にしなければ
いけないんじゃないかな
と感じた時間でした。

こういう時間になった事を
すいっちのオーナーさんも
すごく喜んでくださっていたことが
私はとても嬉しかったです。

今回の会を終えて、
もっともっといろんな人に、
色んなお仕事の、
色んな輝く仕事人の人たちの話を
聞いていただきたいな
という想いはさらに強くなりました。

次回は、9月に、
パーソナルスタイリストの宮本 彩さん
ゲストにお招きします。
彼女が、どんな幼少期を過ごして、
どんな想いを持って、
今のパーソナルスタイリストというお仕事を
されているのか
そういう事を聞きたいと思います。
普段お仕事をしている中では
なかなか聞くことができないような
お話にせまっていけたらなと思っています。

最後になりましたが、今回は参加者の方の
ドリンク代から
すいっちさんのご協力を得て、
義援金をいただいております。
すいっちさんでは、
私の息子の絵はがきも販売してくださって、
その売上げをすべて
義援金に回させていただくという
提案をいただきました。
本当に心から感謝申し上げます。

今週も、楽しく生きるために仕事をします。

愛をもって、愛を込めて、
かかわる人すべてに
生命と生き方と
向き合う時間を提供します。

今日も最後までお読みくださり本当にありがとうございました。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP