BLOG

初心にかえる

私の音声ブログは ▷ を押してお聞きください
(マナーモードは解除してくださいね♪)

(ブログ本文)
先週、名刺の折り紙のケースが
もう数少なくなってきたので、
折り紙を買いに行きました。

今度はどんな柄にしようかなと思って、
選んでいたんですけれども、
売り場の奥の方に、
私が入社1年目に
こだわって買っていた
裏表に柄のある折り紙を見つけました。

懐かしさと嬉しさがこみ上げました。

そうだな、ちょっと初心に帰るためにも、
この折り紙を改めて使ってみようかなって
思って、その折り紙を買いました。

当時は、私のこだわりとして、
お客様に出来るだけ公平に
同じような対応をしたい
気持ちがあったので、
折り紙の柄も
同じものにしたかったんです。
そして何よりも、
私のワクワクする柄が表裏両面に
描いてあったことがポイントでした。

それが写真にある折り紙です。

当時は、この折り紙が見つかるまで
何軒かお店を歩いて回ったことを
思い出しました。
そして、入社1年目に出逢った方々に
お配りしたなという想いに浸りつつ、
折り紙の名刺ケースを折りました。

先週、1週間は、
入社1年目に出逢った方々に
改めてお会いしに行った
1週間でもありました。

1年目にお会いさせていただいた時には、
私が知っていることで、
お客様のお役に立てることであれば、
すべてを引き出しから出して
お伝えしたいという想いで
お会いしていました。

広島の土砂災害の時から、
私は、明日何があるかわからないから、
一日も早く、大切な方に、
安心を届けられる仕事をしたい
その一心で仕事をしていました。

しかし、当時は、
初めての業界への転職だったこともあり、
全然勉強量としては
足りていなかったこともあったと思います。

今、改めてその頃のお客様にお会いすると、
お客様の環境にも少しずつの
変化があることに気付きます。

まず、お互いに年を重ねています。
お子さんのいらっしゃる方は、
お子さんも大きくなります。
卒業、入学をされています。
ある方のお子さんはご結婚されていました。
いまのお仕事は、ご家族の方も含めて
「まるっと」関われるお仕事なので、
こういう変化を感じると、
日々皆さんも変化し、成長を重ねて
いらっしゃるのだということを実感します。

私自身、1年目よりは、
勉強も経験もしました。
その知識を、すべて使っていただきたい
気持ちは変わらず持っています。

そして、私の家族の近況なども
合わせてお伝えして、
お客様のお変わりのない様子を見ると、
とても幸せな気持ちになります。

 

そして、たまたまなのですが、
いま、私は明日からの研修で
県外のホテルに着いたところです。
実は、このホテルは
ちょっと思い入れのあるホテルなのです。

現在の会社に入った日、
入社式がありました。
その入社式の翌日から
研修があったのですが、
その研修の時に宿泊していたホテルが、
まさに、今チェックインを済ませた
このホテルだったのです。

そして、その入社式の夜、
私は、このホテルで
生き方の経営理念を作りました。

愛をもって、愛を込めて、
かかわる人すべてに
生命と生き方と
向き合う時間を提供します

これは私の生き方の経営理念なのです。

入社式の日を迎え、
新しい日々が始まることを
本当に楽しみにしていました。
と同時に、きっと、この仕事は
とてもたくさんの人に出逢う仕事に
なるだろうとも感じていました。

私は、影響を
受けやすいたちだと思っています。
色んな人に会えば、色んな人から、
色んな言葉をいただくだろうと
思っていました。
右に行ったり、左に行ったりすることも
大事なのだと思います。
だけど、右に行っても、左に行っても、
自分が立ち返る場所が欲しいな
とも思っていました。

その立ち返る場所として、
私は「生き方の経営理念」を
私の原点とすることを思いつきました。
そして、このホテルで作ったのです。

その後、研修を終え、同僚や、上司に
「私の生き方の経営理念」を
聞いてもらいました。

私は宣言をすることは
大事だと思っています。

だから、お会いするお客様にも
この経営理念を聞いていただきました。

「私、このお仕事をするにあたって、
経営理念を作ったんです!
ぜひ、聞いてもらえますか?」って。
経営者でもなんでもないんですけどね(笑)

その時に、作り立ての経営理念を
聞いていただいたお客様に、
今、この時期に、
再びお会いさせていただいています。

やっぱり、私はとても幸せです。

 

今週も楽しく生きるために仕事をします!!

愛をもって、愛を込めて、
かかわる人すべてに
生命と生き方と
向き合う時間を提供します。

今日も最後までお読みくださり本当にありがとうございました。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP