BLOG

私の音声ブログは ▷ を押してお聞きください
(マナーモードは解除してくださいね♪)

(ブログ本文)
今日は、最近出逢った
「私のイチ押し」の紹介を
させていただきたいと思います。
それは、私たち親子の絆を
さらに深めてくれる
『子ども才能発見手帳』というものです。



去年初めて出逢って、
仲良くさせていただいている、
くんちゃん先生こと、
中村 久美江さんに
3月に再会することができました。

その時に、くんちゃん先生が、
セミナー講師として
デビューをするセミナーがあるので、
参加してもらえないかというお誘いでした。
それが、3月23日に行われた、
「子ども才能発見手帳+手帳つかいこなしセミナー」でした。

「子ども才能発見手帳」は
クッキー先生こと、奥 貴美子先生
考案された手帳です。

クッキー先生は、

愛した、愛された記憶を記録として残すことで、確認できる。
もし、たとえ、長い時間過ごせなかったとしても、離れたとしても、愛している事実を、残すことがとっても大事。

という想いを持って
この手帳を生み出したそうです。

実際にセミナーを受けてみた感想ですが、
本当にすごく良かったんです!
私は、もう、すぐにでも
この手帳を使ってみたい!!
という気持ちになりました。
ということで、早速、
私はこの手帳を娘の分と息子の分と
2冊購入させていただきました。

私も、記憶よりも
記録することが大事だなって、
ずっと思っていました。
なぜならば、
子どもたちにきちんと
残すことができるから。
記憶だったら、
時間がたつとあいまいになっちゃうし、
さらに時間がたてば
記憶は風化してなくなってしまう。
そんな風に思っていました。

2014年8月、
広島で土砂災害が起こりました。
私は広島市安佐北区に住んでいます。
幸い、我が家は
問題ありませんでしたが、
本当にすぐ近所で
被災された方もいらっしゃいました。
通勤で使っていた道路も
しばらく通行止めになりました。
私もボランティア活動に
参加させていただきました。
本当にすぐ近所で起こった災害を
目の当たりにした時、
いつ何があってもおかしくない!!
と心の底から思ったのです。

だから、私は筆を執りました。
ちょっと変だと思うかもしれませんが、
私は、子どもたちと旦那さんに
宛てた遺言状を書きました。
あいまいな記憶ではなく、
きちんと私の気持ちを、
想いを伝えたいと思ったからです。
いまでは、私は
自分の誕生日に遺言状を
書き直すことにしています。
最近の自分の誕生日には、
私は前年の遺言状を読んで、
この一年無事に成長してくれた
子どもたちのことを思い直します。
そして、これからの事とともに
新しい遺言状を書き綴るのです。
この作業は涙なくしては進みません。
毎年のように、、、(笑)

今回、このセミナーに参加して、
「子ども才能発見手帳」は、
私が毎年書いている遺言状の
代わりになるかもしれない
と感じたのです。

手帳の内容やセミナーの内容に関しては、
これからセミナーを受ける方の
楽しみを残しておきたいので、
詳しくはお話しませんが、
手帳には、たくさんの
いろんな質問も書いてあるのです。

その質問全てを
一度に子どもたちにはできません。
だから、私は、毎日、少しずつ
子どもたちに聞いたり、
メッセージをここへ残すようにして
使ってみようと思いました。

前の年に書いた遺言状を
一日かけて泣きながら読み、
今年はどんなことを伝えようかなと
考えながら書いていた遺言状よりも、
この手帳は、気軽に、気楽に、
もっともっと多くのものを
子どもたちに残せるんじゃないかなって
思いました。
私は早速、セミナーを受けた日から
この手帳を使い始めました。

私は手帳を通じて
子どもたちに質問をしました。
子どもたちもそれに答えてくれてます。
同じ質問をしても、
娘と息子で返ってくる言葉が違ったり、
同じ答えが返ってきたりします。
それがものすごい発見で面白いのです。

こんなやり取りを繰り返すと、
改めて同じように育っているようで、
全く違うひとりひとりの
人であることを感じます。

この春休みに
私は子どもたちと宮島に行きました。
その時に、私は、これまでよりも
子どもたちの事を深く、細かく
観察をしてる自分に気が付きました。

これはシカと撮った娘です。
とても嫌そうな顔をしていますよね。
娘に聞きました。
「なんでこんな嫌そうな顔をするの?」って。
娘は、
「小さい子が、シカと写真を撮りたくて、
待ってるのに、お母さんが気にせずに
写真を撮っているのがすごく嫌だった」
と言いました。
いつの間にか、周りの見える、
気遣いのできる娘に成長したんだな。
空気を読むことが得意になったんだなと
感慨深い気持ちになりました。

こちらは息子です。
息子は思春期のせいか、
本当に写りたがらないんです。
今回、唯一、宮島で
こっちを向いて写った写真です。
この時、息子は、波打ち際で、
すごく楽しそうに遊んでいました。
「なんで波は起こるの?」
「これ何??」と波打ち際で
行ったり来たりしていたクラゲの様なものに
とても興味を示していました。
そして、それに触って、
「うわーべたべたする!!」って
喜んでいました。
この子は自然現象に
ものすごく興味があるんだなって
いうことを感じました。

波打ち際で夢中になっていたので、
不意打ちでこの写真を
撮ることができました。

「子ども才能発見手帳」を
付けるようになってからは、
どんな事をここに書こうかなとか、
子どもたちにどんなことを
残そうかなということを、
今まで以上に考える様になったので、
子どもたちを見つめる時間が
より濃くなったような気がします。
毎日少しずつというのも、
年に一度の遺言状に比べて、
気軽なのも好きです。

本当に、いいな♪と思える手帳です。

今は、ひとりでも多くの
お母さんやお父さんに
この子ども才能発見手帳を
一日も早く知っていただきたいな
という思いでいっぱいです。

「子ども才能発見手帳」は
「子ども才能発見手帳+手帳つかいこなしセミナー」で購入できます。

 


近日中に広島県で開催されるセミナーは以下の通りです。

4/9 広島県 子ども才能発見手帳+手帳つかいこなしセミナー :満席

4/14 広島県 子ども才能発見手帳+手帳つかいこなしセミナー

4/18 広島県 子ども才能発見手帳+手帳つかいこなしセミナー


 

今週も楽しく生きるために仕事をします!!

愛をもって、愛を込めて、
かかわる人すべてに
生命と生き方と
向き合う時間を提供します。

今日も最後までお読みくださり本当にありがとうございました。

追伸、
このたび母校である広島文教女子大学で講義をさせていただく運びとなりました!
ぜひ、イベント情報のページにもお立ち寄りください♥

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP