BLOG

母からの言葉

私の音声ブログは ▷ を押してお聞きください
(マナーモードは解除してくださいね♪)

(ブログ本文)新年度がスタートしました。

この週末は文字通り、
満開の桜が街のあちこちで
見ることができましたね。
本当にきれいで、
ずっとほれぼれしながら
移動をしていました。

この時期は、
新年度の始まる区切りの時期です。
新しい事を始めるには
いいタイミングですね。
何かにチャレンジすることを決意するのも、
とてもよい事だと思います。

私は今まで続けてきたことを、
さらに続けるということを
大事にしたいなという思いを持って、
新年度を迎えました。

そう思うきっかけをくれたのは、
母のひと言だったように思います。

先日、母と電話で話をしました。
電話の内容は
よく憶えていないんですけど(笑)、
その時に母にこんなことを言われました。

「直美のブログを毎週楽しみに聞いてるよ。
あんたの声を毎週聞けてお母さん嬉しいよ。」

母は、私のLINE@
登録してくれています。
私のLINE@では、
月曜日の朝の7時になると、
ブログを更新しました!と
お知らせが届きます。
大分の実家では、月曜、朝、7時前に、
母と一緒に住んでいる孫たち、
私からすると甥っ子たち4人が、
「今週も直美おばちゃんの声が来るよ!!」って、
聞く用意をして
待ってくれているそうです。
そして、朝の7時に
LINE@のメッセージが届くと、
母は孫たちと、私の音声ブログを
聞いてくれているそうです。
私の実家では、
こうして1週間が
スタートしているそうです。

毎週、このブログのために、
文章作って、音声を作っています。
時には、生みの苦しみというか、
大変な作業だなと思うこともあります。
けれど、私のブログを
待ってくれているって人を思いながら、
これまで積み重ねてきました。

先日、直接、
「楽しみにしているからね、続けてね!」と
母から言葉をもらいました。
例え、私のブログを聞いてくれる人が
母一人になっても、
読む人が母一人になっても、
私のブログを
喜んで待っていてくださる人がいるなら、
私はこのブログを続けたいなって、
改めて思いました。

 

もうひとつ大事にしたいなと
思って続けている事に、
名刺の折り紙があります。

私は名刺をお渡しする時に、
折り紙で折ったケースに
入れてお渡ししています。

この名刺入れの折り紙は、
私が入社をして間もないころに、
Tさんという方に
教えていただいたものです。
教わって以降、ずーっと、
私はその折り紙のケースに、
手書きのメッセージを添えて、
お渡ししています。
これまでに、3,000枚を超える、
いや、もっとかな?
3,500枚を超える名刺を
折り紙のケースに入れてお渡ししています。

お渡しすると、多くの方は喜んでくださいます。
感動して下さる方も
少なからずいらっしゃいます。
そして、中のメッセージに
気付いた方の中には、
「うわー!」って声を出して
喜んで下さる方もいらっしゃいます。
私は、そういう方が
いらっしゃるって事を知っているので、
この名刺の折り紙をやめられないのです。
嬉しくてやめられないんですね。

私は、この折り紙を教えてくださった
Tさんに、再会したある時に、
「教えていただいた名刺の折り紙で
多くの方に喜んでいただいています。
教えてくださりありがとうございます」と、
お伝えした事があります。
その時、Tさんが目に涙を浮かべ
とても、そのことを喜んでくださいました。

私は、ケースを折る時に、
出逢う方の事を思い浮かべるのは
もちろんですが、
折り紙を教えてくださった
Tさんも喜ぶお顔も
思い浮かべながら、折っています。

新しい年度も、
新しく挑戦することを決めて、
変化、進化することも、
どんどんやっていきたいと思っています。
それと同時に、
これまで続けてきたことも
変わらず続けられるように、
襟を正す気持ちで
続けていたいなと思います。

 

今週も楽しく生きるために仕事をします!!

愛をもって、愛を込めて、
かかわる人すべてに
生命と生き方と
向き合う時間を提供します。

今日も最後までお読みくださり本当にありがとうございました。

関連記事

コメント

    • 山手美穂子
    • 2018年 4月 03日

    元気が出ました。
    少し落ち込み気味の私。
    頑張ります!

    • 木吉由美
    • 2018年 4月 03日

    お母さんのお人柄も伝わるようでした。いいね😊
    京都で、引っ越し作業の合間に聞きました。
    直美ちゃんの在り方、いつも素敵だな〜と、またまた、感じました。ほっこりした気持ちになりました。
    余談ですが、話し始めが、中村さんのCDみたいだった😅笑笑

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP