笑顔の秘密

今回は、我が家で継続をしている
あることについて
話をしようと思います。

私には、妹と弟がひとりずついます。
その妹はかわいいのです。

私は小さい時から、
「妹さんかわいいね!」って
言われていました。

かわいい妹がいつも隣にいて、
そんな風に、言われることが多くて、
自分は容姿にコンプレックスを
持つようになっていました。

私は、今でも、ぽっちゃり体形で、
鼻の低い顔で、すっぴんだと、
目が一重だか、二重だか、
よくわからない自分の顔に、
やっぱり、あまり自信が持てません。

ですが、今のお仕事を
始めた時だったと思います。
この私の容姿を「ちょうどいい!」
って言って褒めてもらった事があります。

私くらいのちょうどいい人間だと、
「面白い人がいるよ」と言って、
色んな人に紹介をしてもらえるって
言ってもらえました。

私は、ちょうどいいと言われた
私の容姿に、恐らく、初めて、
自信を持てた気がしました。

直美のスマイル

そして、そのころから、我が家では、
新しい凡事徹底が始まりました。
それは、今でも続けられています。

朝、私は、出勤前に、お化粧をします。
お化粧を終えるころに
娘を鏡の横に呼びます。
そして、「今日もお母さんかわいい?」
と娘に聞くのです。
娘は渋々なんですが、
「かわいい系より、きれい系だよ」
って言ってもらうようにしています。

私は、自分でもきれい系とは
思っていなくて、「愛嬌勝負系!!」
って思っているんですけど(笑)、
「きれい系だよ」って言ってくれる、
娘の渋々した顔を見て、
にこっとできるので、
「よし、今日も頑張ろう!」って
思って出勤ができるので、
これを続けています。

小さいころに、親や周りの大人の人たちに、
「かわいいね」って言われて育った方は
たくさんいると思います。
私は、「しっかり者だね」って
言われることはあっても、
「かわいいね」って言われたことが
あまり自分の記憶にありません。

結婚する前は、
旦那様に「かわいいね」って
言ってもらったような、
かすかな記憶がありますけどね。
最近は言ってもらうことはないですね。

なので、今はそうやって、
娘に渋々ながらも協力をしてもらって、
自分の笑顔を持って
外に出ることができています。

最近自分で自分の事を
褒めてあげてないなって
思う方がいらっしゃったら、
鏡に向かって、
「今日もかわいいよ♪」って
言ってみてください。
「今日もありがとうね!」って
自分に感謝の気持ちを
伝えてみてほしいと思います。

もし、それにも抵抗があるようなら、
自分のパーツに触れながら、
そのパーツに対して感謝の気持ちを
伝えるのはどうでしょう?

例えば、自分の耳に触れながら、
「お耳さん、あなたのお蔭で、
色んな音を聞くことができます。
いつもありがとうね!」
って感じで。

私は、言葉に出すってことが
とっても大事だと思っています。
言葉に出すことで、
自分の声を自分の耳に入れる。
そうして、少し自分に自信を持つことが
広まったらいいなって思います。

今週もお仕事を
しっかりと楽しもうと思います!

愛をもって、愛を込めて、
かかわる人すべてに
生命と生き方と
向き合う時間を提供します。

今日も最後まで読んで下さり、
本当にありがとうございました!

時間

先週の月曜日の事です。
半年ぶりぐらいにお会いした
友人とのエピソードを紹介します。

友人はある先生をしています。
友人はこんなお話をしてくれました。

「レッスンに、いつも、
遅れてくる人がいるとするよね。

もちろん、私は、
その生徒さんを待っているの。

あのね、人間って、いつかは死ぬでしょ。
だから、生きている時間は
有限ってことだよね。
その限りある時間を
無駄にするということは、
命をムダにしている事と
同じだと思うの。

そして、レッスンでも、お茶の場でも
他人と時間を共有している時、
それは命を共有している事だと思うの。

そこに遅れてくるということは、
相手の命を奪っている事と
同じだと思うの。

だから時間を大切にするということは
命を大切にすることだと思うんよね。」

『時間は命だよ』っていう言葉が
とても印象的でした。

そして、友人が、
自分の時間も、
相手の時間も、
大切に思っているんだな
ということをしみじみと感じました。

『時間は命だよ』って思うと、
待ち合わせの時間に遅れるということは
『相手の命を奪っている事』というのは、
まったくその通りだと思います。

だから、自分の時間を
無駄に過ごすっていうことは
自分の命を大切に扱っていない
ということと同じだな
と思いました。

私はお仕事で、
たくさんの人に出逢うお仕事をしています。
その方に会う時間を
作っていただいているわけです。
だから、その方の命を分けて頂いている
ということになります。

「時間は命」ということを思うと、
人の時間も自分の時間もより大切にして
お互いの命を尊重しあえて、
感謝しあえる関係を築きたいと思えました。

それでも、いつも完璧に
時間を守ることができない事も
あるかもしれません。
だけど、その時には心から謝る事、
謝って許して下さった方に
改めて感謝することを
忘れないでいたいです。

今週も沢山の方とお会いし、
時間を分けて頂きます。
一分一秒一瞬一瞬をより大切に過ごし、
より感謝できる1週間にしたいと思います。

愛をもって、愛を込めて、
かかわる人すべてに
生命と生き方と
向き合う時間を提供します。

最後までお読み下さりありがとうございます!

我が家の凡事徹底


8月27日のブログ、【凡事徹底継続
に、世界一幸せな仕事人であるためには
凡事徹底を継続すること、
当たり前のことを当たり前のように続けること
が大切だなという事に気が付いたというお話を
させていただきました。

今日は、仕事ではなく、
私が家庭で心掛けている
“凡事徹底”についてご紹介します。

先週の月曜日の事です。
いつものように、
私の会社の近くの学校に通う娘を、
私の出勤時に送っていました。
学校に着いて、娘が車から降りる時に、
「はい、今日も行ってらっしゃい、
楽しんでね、大好きだよ!」
と伝えるのが私の日課です。

その日、同じように、
「今日も楽しんでね、大好きだよ!」
って言ったら、
娘は、苦笑いをして、
「はい、はい」って言ってました。
そして、その時に、
『あ、息子に言うのを忘れた!』
って思い出しました。

息子は小学校五年生です。
この時には、
まだ登校前で家にいるだろうと思ったので、
迷わず、家に電話をしました。
すると息子が電話に出てくれました。

私 「もしもし、お母さんだよ」
息子 「なに? どうしたの?」
私 「今日も大好きだよ!」
息子 「(電話を)切ってもいい?」

こんなやり取りをしていました。

小学校五年生の息子にすれば、
多分うっとうしいんですよね。
中学校二年生の娘にすれば、
照れくさいのもあるでしょうね。
きっと、いちいちうっとうしいな
と思っていると思います。

私はいつも、
明日、何があるかわからない
というお話をさせていただいています。
その話は子どもたちにもしています。

もし私が明日死んだとします。
きっと後悔はたくさんすると思います。
でも、
『あの時大好きって言っておけばよかった』
とか、
『あの時、笑顔で“行ってらっしゃい”って
言っておけばよかった』
と言うことが少しでも少なくできる様に、
言葉で気持ちを相手に伝える
ということを惜しまずに
やっていきたいと思います。

私は今、外回りの営業をしております。
朝早くから家を出て、
夜遅く帰る事が多いです。
すると、子どもたちと一緒にいる
時間が限られてしまいます。

私は、子どもたちと触れ合う時間は、
『量より質』をいつも意識しています。
より質の高い触れ合う時間を過ごすために、
より子どもたちと深くかかわるために、
せめて、一緒にいられる時間は、
少しでも笑顔がたくさん
あふれるような楽しい時間にして
過ごしたいなと思っています。

今はうっとうしいなぁとか、
「はいはい」
とか、
「切っていい?」
とか言われていますが、
そんなうっとうしがっても、
大人になって、子どもたちが、
私が毎日のように「大好きだよ!」
と言っていたことを思い出してくれて、
『あぁ、愛されていたんだな』って、
ちょっとでも思ってくれる
日が来ればいいなと思っています。

明日も、明後日も、
その次の日も、
その次の日も、
ずっとずっと、
毎日子どもたちに「大好きだよ!」
って言いたいです。
うっとうしいって思われても、
ヤダって言っても、
「大好きだよ!」
っていうことを言葉で
伝え続けていこうと思います。

今日も最後までご覧頂きありがとうございます!

行動する理由

先週、東京で一日で
4名の方にお会いしてきました。
4名とも、広島で初めて出逢う
ご縁を頂いた方々でした。

お会いした後に、ふつふつと、
もう一度会ってお話を伺いたい!
そんな気持ちが湧きあがっていました。
そこで、東京に行ける日を見つけ、
その日を指定して、お会いできますか?
とおうかがいしたところ、
なんと!!
その3名の皆さんとかぶることなく
きれいにスケジュールがハマりました!

ということで、その日はお昼頃、
東京に着いて、お昼から3人の方に
時間を頂いて会ってきました。

 

最初にお会いさせて頂いたのは、
現実化がぐんぐん加速する!広島開運ツアー
でご縁を頂いた
富士川碧砂(ふじかわみさ)先生。

ツアーでは富士川先生は
色んな神社や神様について、
分かりやすく解説をしてくださいました。
先生は、声優 寺瀬今日子さん
として第一線でお仕事をされています。
この日も打ち合わせの合間を縫うような、
本当にご多忙なところにもかかわらず
お時間を取って頂いて
会ってくださいました。

富士川先生は第一線でお仕事をされる時の
心構えだったり、気を付けている事や、
占いをされている時の想いなど、
たくさんのお話をしてくださり、
大変勉強になりました。
先生の細やかな気配りや、
心遣いに深く深く感謝申し上げました。

先生は、来年1月末に、
現在発売中の著作「開運和柄
に次ぐ書籍が、サンマーク出版様から
発売予定だそうです。
その時は広島で、出版記念セミナーを
予定されているとのことです。
ぜひまた、お会いしたいですね!

 

2人目にお会いしたのは、齊藤益子さん

齊藤さんは、女性や子供たちのために
様々な活動をされていらっしゃいます。
特に子育てに関しては、
齊藤さんからうかがった
優しさと愛にあふれるお話は
たくさんの方に聞いて頂きたいな
と思いました。
益子さんが広島に来られた際には、
色んな方とつながっていただいて、
齊藤さんと色んなお話を
してほしいなと思っています。

 

そして、3人目は、沖本るり子先生です。

広島出身であり、人と組織の
成果と成長のためにコンサルタントを
される会社の代表で、
コミュニケーションスキル研修や講演でも
講師をされています。

沖本先生とは夕食を一緒に食べながら、
人を応援するということについて、
もっともっと深掘りをして
お話をうかがいました。
応援するということは
簡単なように思えますが、
沖本先生は実はすごく細かい気配りを
されながら、人を応援する
ということをされています。

全国各地でセミナーをされている先生。
加えて本の締め切り間近で、
本当に大変お忙しいにもかかわらず、
この日お時間を作って頂いて
会って頂きました。

先生のセミナーは11/18に
広島でも行われます。
私も先輩と一緒に伺う予定です。
“「結局、何が言いたいの?」といわれない話のまとめ方・話のし方 in広島”
というすごいタイトルなんですけども、
ぜひ、みなさんも行ってみられて、
そのセミナーの中に織り込まれた
先生の気遣いや心遣いを
存分に味わっていただきたいな
と思います。

 

最後は清水信吉さんです。

信吉さんとは、4月にご縁を頂いています。
実は、信吉さんには、
この日「今東京にいるんですけど!」と
突然会いたい!という連絡を
したにも関わらず会って頂きました。
信吉さんも全国でセミナーや講演活動を
されていて、大変お忙しい方です。
なのに、文字通り寝る間を惜しんで
会って頂いた感じでした。
地球を愛して、宇宙を愛して
やまない信吉さんとの時間は
1時間足らずだったんですが、
とっても濃い時間になりました。

来月は一緒に岡山に行きましょう!
という再会のお約束をして別れました。

 

本当に欲張りに過ごした
今回の東京での人に出会う旅では、
やっぱり、直接会って、
話さないとわからない事、
直接会ってうかがわないと
わからない事がたくさんあるな
と感じました。

私は、広島の土砂災害があった時から、
明日何が起こる変わらないということを
いつもお伝えしています。

会いたいなと思う人がいたら、
可能な限り会いに行けるように
自分で行動します。

なので、私に「会いたいな」
と言ってくださる方がいたら、
私はすぐにでも、
会いに行くようにしています。

今回も、
『直接会ってお話が出来てよかったな』
と改めて感じる事ができました。
やっぱり私は人間が大好物なのです♬

明日何があるかわかりません。

愛している人には、
「愛しているよ!大好きだよ!」って
惜しまず毎日でも伝えて、
会いたいなと思う人には、可能な限り、
私は会いに行き続けようと思います。

今週も沢山の方にお会いします!

愛をもって、愛を込めて
かかわる人すべてに
生命と生き方と
向き合う時間を提供します。

という、生きる経営理念を掲げて
初めてお会いする方にも、
何度もお会いしている方にも、
その方たちからいろんな事を
教えてもらうつもりで
お会いしに行こうと思います。

今週もお仕事を
しっかりと楽しもうと思います♫

愛をもって、愛を込めて、
かかわる人すべてに
生命と生き方と
向き合う時間を提供します!

最後までお読み下さり
ありがとうございました!